2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト

« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »

2017年12月

2017年12月22日 (金)

本日も晴天なり

Img_5828


12月ももう後半、あっという間に2017年が終わる。。。。

  暖冬続きやった去年までとうって変わり

今年は寒い、さむいwobbly 氷点下の朝も既に数日あり

フトンから出るのに勇気がいる日が続きゆう

こんな雲一つないお天気のことを気象用語で

  <一円玉天気>というらしい、そのココロは?

もうこれ以上崩せんから、やって 知らんかったちや

Img_5788


イヌでも冬はオチッコが近うなる?

夜中・早朝に庭に出るようになったギン、以前は

なかったのにトシのせい?それとお水を一度に

大量に飲む。 回数は増えてなくてただ一度に

飲む量がすごい(これはグリも同じ)もしや糖尿?

と心配になりヒト用の検査紙を買い 調べたら

結果はシロで安心した(ついでにワタシもやると

同じくシロと判明)

Img_5794


おかあちゃん、心配性ですものね

不安のタネは小さいうちに摘むがやと

Img_5822


最近のギン家の光景 いつの間にか

ソファを占拠され ヒトは床にthink

何故かグリは必ず真ん中に、対照的に

ちーむ・秋田はどっちかの端に上がって寝る事が多い

端っこが落ち着くのか、アゴを乗せたいからか?

Img_5672 Img_5701

        センターはアタクシよ

↑こんな風にね   ギンのセンターは珍しいけど

  たまにはこういうこともある

 

2017年12月10日 (日)

我らイボ姉(兄)妹?

Img_5815


アタチ、昨日も びょーいんへ行ってきたで

背中のカイカイが固うなって おかあちゃんが心配して

みてもろうたが 組織を取って顕微鏡で調べると

化膿しちゅうだけやった ほんとにおかあちゃん、

大げさなが!!

こないだの頭のイボといい、考え過ぎでね

イボというたら、ぐり姉にもあるがで

耳と口の中やろ、わき腹にもある

トシとると 新陳代謝とか免疫力いうの?

これが低下したりヒフの張りがなくなって、イボが

できやすうなるがやと

アタチだけじゃのうて りんが兄さん、もも姐さん

小雪ちゃんにもあるがやね これって

トシがいくと避けては通れん道かも?

Img_5821_2


グリちゃま そんなに持っちゅうが?   

いずれ アナタもそうなるのよ

Img_5823


今年の12月はいつになく 寒さが厳しゅうて

すっかり肉の落ちたグリには辛いかと思い

服を着せたけど着っぱなしでは 前脚のとこが

擦れるのか赤うなるので 散歩の時だけ着せる

ことにする ちーむ・秋田には無用やね

Img_5814


すっかりカ○ビーの戦略に乗せられた・・・・

決してポテチ大好き、というわけではないけど

こういうのが出ると、手が出てしまう。。。。coldsweats01

鳥取のは意表をつかれた、てっきりカニ味やと

思うちょった (あ、いずれも未開封)

2017年12月 4日 (月)

一件落着

Img_5813


これはギンの頭にできた 謎のイボ状のもの

経過観察中やったけど大きゅうなりゆうみたいで

不安になり(箇所も頭やしthink)先週土曜に受診

Img_5797 Img_5798


8時半の診察開始直後はけっこう来院が多いので

それを避けて9時過ぎ到着、狙いは当たり

朝のラッシュはおわり、患者はギンだけ (少し不安そう)

気になるイボの生検をしようと針を刺したらピューと

水が飛び出してきて生検するまでもなく ただの

水腫と判明、悪性でなくてよかった~ 

Img_5800 Img_5804


この日は(2日)見事な快晴sun 前日辺りからギン家周辺は

紅葉が一気に進んできたmaple

Img_5811_2





ギンガが病院に行っちゅう間、ぼたん セ○ムしよったがで

あぁ~ ちゅかれた・・・・・

Img_5748_2 Img_5755


もう一つ気がかりなのが ギンのこのオネェ座り、

受診のついでに訊いてみたら おそらく股関節か

膝の関節が充分曲がらんなってきたせいでは、とのこと

グリがまだお座りできるのは 中型犬やから?

あのふたりが座っておねだり中も ギンだけはフセで待ちゆう

おとうちゃん、もうギンにお座り云うたらいかんで!

座れ、のコマンドは理解しても するのはイヤみたい

これも加齢によるもの?weep


« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »