« グリコよりひとこと | トップページ | 病院にて part2 »

2014年3月 5日 (水)

病院にて

   風邪で寝込み買い物にも行かんかったおかげで、2月末にも

    関わらずお財布にかなり余裕があったギン家、それで早めの

  おしっこ検査に行ったのが28日、牛肉のトッピングが効いたのか

  ふたりのpH値は良好(前回は最悪やった)、欲を言えばフードのみで

     この数値を維持できたらと思うんやけど。。。

   3月はギンのワクチン接種月、 注射の前に血液検査を受けることにする

   というのも 尿中のビリルビンがずっと+やったのが先生も気がかり

   やったのと年一回は検査をしたほうがえいかな、と思いよったし。

  というわけで 夕方花粉症に苦しむカールママにムリいうて車を出して

     もらい午前中に続き 再度病院へ。 

Imgp0403

 

    もうお腹ようなったで  おかあちゃんのせいでえらい目に

      遭うたちや

   幸いギンが一番乗り  待つほどもなく診察室へ呼ばれる

   いつも思うのやけどこの先生、もしかしてギンが怖い?

  診察台へ上げるとき絶対手伝うてくれんし(今回もワタシと

  看護士?で苦労して乗せた) 採血は後ろ足からと云う。

  普段でも後ろ足に触られるのが大の苦手なギン、今オスワリ

  しちゅうのを立たせるのは一苦労、脚を拭くのも大変やのに

  採血なんか無理、ムリ。 それで前脚のほうが暴れんと思うと

  云うと なんと「 カラーを着けます 」とおっしゃるのにはびっくり!

  こんなことせんでもワタシが頭を持っていれば 済むことやん

  今まで採血中暴れたことないし(そもそも恐怖で固まっちゅう)

     まぁ口輪つけます、といわれんだけでもマシ?

 

  と こんなことがあり先生に対する信頼感が揺らいだ瞬間。。。

   ギンだけでなくぼたんやグリの時でも触診とかしてないような。

  この先生のおかげで長年悩んできた グリの結石症が改善

  されてその点はすごく感謝しちゅうし 時間外でもギンを診て

  くれたこともあったし フィラリア薬はよそよりお安いし・・・・

   再々病院は替えとうないけど ちょっと気になるのよね

 Imgp0381   

     結果は ヘマトクリットとアンモニアの数値がちょっと高いけど

      おおむね異常なしで一安心

     アンモニアの値が高いと 肝臓に異常があることがあるらしいけど

     肝臓の異常を示す値はでてないので もしかしてこれは古うなった

        お豆腐を食べ(させられ)たせいかも?

  結果を待つ間 待合室にはワタシを含めて3組のお客?さん

  そこへ一台の軽トラが入ってきたがよ、荷台にはジャックラッセル

  テリア位の小型犬が乗っちゅう、 見るともなしみよったら

  ワンコを繋いだにしてはすごく厳重で 解くのに時間がかかりゆう

   抱くときにはすごい悲鳴というか唸り声が中まで聞こえてきた

  そのワンコは蓋を被せた入れ物に入って ドアの近くに置かれ

  飼い主さんは 洗面所へ。 ワタシらは全員好奇心の塊と化し

  その時点でみんなの胸中は あんな暴れ者ワンコどうやって診て

  もらうの? 皆で蓋を被せられた箱を覗いていたらカウンター内の

     先生がひとこと、 「 そのコは ミニブタです 」

   で 一同「 あぁ~ (納得) 」 あの軽トラも将来見越してのことやね

   結果が出るあいだ ギンは余裕が出て来たか生来の甘えん坊ぶりを

   発揮し 秋田犬広報活動に大活躍、シッポふりふり からだスリスリ

     して可愛がってもらいよった  一見いかつい外見に反し

       予想を裏切る甘え振りにみんな 驚いたみたい

Imgp0402 Imgp0394

     おひなまつり 何にもしてもらえんかった・・・・・

Imgp0388 Imgp0393

   おかあちゃん、元気になったのなら おかし買うてきて~

|
|

« グリコよりひとこと | トップページ | 病院にて part2 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

大型犬が怖い(苦手な)先生もいるやろうね
我が家の主治医さんは大型犬が好きなんだって
そのせいかどうか、三つある診察室の中でも、その先生の部屋にはいって行く子は大きい子が多いの
好きなだけあって、扱い方も上手な気がするよ
モナさんちの主治医さんは、過去に噛みつかれたとかトラウマがあるのかもしれないね
PH値が落ち着いて良かったね
肝臓は投薬の後なんかでも高めになったりするらしいし、正常値の数十倍とかでなければ大丈夫なことが多いみたいよ
季節の変わり目、みんなお大事にね!

投稿: ちゃりん丸 | 2014年3月 6日 (木) 17時48分

先代わんこの狂犬病の注射を移動摂取でやったら、当番の先生が大型犬が怖かったのか、段ボールで壁に押し付けられて注射されたことがあったよ%
その先生、普段は牛を診てるって話なのに・・・家のは大人しい子だったから、むか!って来て、それ以来その先生は避けてた(笑)
獣医さんなのに、大型犬苦手ってのも不思議だけど、以前におバカ飼い主の大型犬にでも当たったんかしらね? みんな同じだと思われたくないのにね。
お腹もお大事にね・・・

それにしてもミニブタ!!!

ギンちゃんの撫でてvは見てみたい~vv 触りたい~vv

「おひなさま、こゆきもなーんもなかったよ?」 小雪

投稿: 近江 | 2014年3月 7日 (金) 00時11分

ちゃりん丸さま

まさかワンコが苦手で獣医になる人は そうおらんと
思うけど、この先生子供の時から家で犬を飼うた経験
ないのかも。今現在も飼ってないみたいやし。。。
ワンコやにゃんこを飼いゆう先生のほうが 信頼感
高そうやない?いろいろ相談にはのってくれて
えいのやけど なんかねぇ・・・・
pH値を下げるにはお肉が一番、と言われそうしゆうけど
これほど効果があるとは驚き!
処方食たべさせよった 数年間は何やったんやろう?

投稿: monaka | 2014年3月 7日 (金) 13時43分

近江さま

この先生も開業するまでは動物園勤務の経験もあるし
大型動物は平気なはず、と思うのは偏見?考えてみれば
野生動物の治療は麻酔かけてするろうし、そもそもペットとは違うよね。。。
スタッフのひとは前職がペットショップ勤務やったりで
すごく扱いはうまいのが救い
大型犬だけが苦手なのか ワンコ全般が苦手なのかリサーチの必要あり(笑) 
あ、うちは狂犬病注射も病院で
してもらいます。あんなワンコが集まるとこへ、よう
連れていかん(苦笑)
ギンの触って~は 身体をにゃんこみたいに押し付けて
来るの、体勢によってはひっくり返されてしまう。。。
体重かけてくるもん

投稿: monaka | 2014年3月 7日 (金) 13時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« グリコよりひとこと | トップページ | 病院にて part2 »