« 頑固者 | トップページ | 再会 »

2013年10月14日 (月)

3連休

    絶好のお出かけ日和やった3連休、いつもは連休なんかあんまり

    関係ないギン家やけど一日 おとうちゃんがどこか行きたいとこが

     あれば連れて行っちゃお、というので高松へ行ってきました

 

       行先は 県立ミュージアム、 いまここでは

 

 Imgp9620


      というのが開催中、新聞でこれを知り興味を惹かれて

      見に行きたかったがよ。 絵画だけならおとうちゃんが

      退屈するけど この展覧会は工芸品・書画・着物等が

       展示されているので ふたりであれこれ云いつつ

      ついでに常設展も観て約2時間 たっぷり楽しめました

Imgp9624


   画面ではわからんけど 実物は虎の毛の質感が本物

     そっくりに描かれていてびっくりするやら感心するやら。。。

Imgp9622


     かんざし  いまでも充分通用しそうなデザイン

Imgp9612 Imgp9615


 屏風のように聳える山の向こうが 土佐之国

 

    香川県は四国で一番小さい県やけど 殆ど平野なので 

 

    広々としちゅう、家々も大きい! 対して高知・・・・

 

    森林率なんと84%! 県の大半が山・やま・ヤマ。。。   

 

 

Imgp9565


   あたちらぁ  おりこうにおるすばんしよったよ

     でも お土産は無しでしたの

Imgp9516


  

      なしっていうても この梨じゃなくてほんとに

      なんちゃぁ 買うてきてくれんかったがで!

Imgp9616

        きのう3人娘をシャンプー 

     グリとギンがしきりに身体を掻くのが気になる

     特にギンがひっきりなしにカキカキする、リンスが不十分

     やった? 調べてみたら脇のしたが赤うなっちゅう!

       メンタームのかゆみ止めを塗り 様子をみる

     グリはアレルギー? 肝油ドロップの効果はまだ出てない

         ぼたんは今月もいちばん 毛が抜けた

    連休最終日の今日、 気がかりやった庭の草引きと

    サルスベリの枝切りを済ませ なかなか充実した連休やった

 

 

 

|
|

« 頑固者 | トップページ | 再会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

3姉妹一挙に洗ってしまうとは素晴らしい~~(^O^)
想像しただけで腰が痛くなりそうです(笑)。私は2頭が限界だわ。。
我家でもここのところももの手足のカイカイがとってもひどくて見て
いて可哀想なの(>_<)
アレルギー検査をするには薬の服用を止めなくちゃいけないと言われしば
らく様子を見ていたんだけどもう限界っぽいかな。。
午後からまた病院行きです^_^;

県美術館の催事、興味があるわ~~。。こちらはゴッホ展に続き今はシャガール展
が開かれてるけど、結局は日本画の方が落ち着くと言うか馴染む感じがします。

我家では夫と一緒に美術館はありえない(笑)


 

投稿: ももママ | 2013年10月15日 (火) 10時55分

ももママさま

シャンプーは一気に済ませたほうが気がラク(笑)
ギンを洗うことに比べたら グリはほんとに簡単で
ワタシ的には2人分洗う感じ
特にまだギンはサマーカット状態で 今までの半分位の時間で
洗えるし水着着いちゅうと床に座って
洗えるので中腰になることもなく 3人洗うのも
苦にならんなったよ

ギンのカイカイは 今日やっと治まってきました
ももちゃん、何か薬服用中?

ウチも絵画展は ひとりで行くよ~、今回は昔の
生活用品(というても殆ど やんごとなき方々向け)が
大半やったき二人でもOKやったの
それと おとうちゃん、次の日友達とツーリングの
予定があり自分だけ出かけたら ワタシがすねると
思いサービスしてくれたのやと思う(笑)

投稿: monaka | 2013年10月15日 (火) 11時17分

芸術の秋
monakaさんのブログを見てそう思いました。
ここ数年もっぱら食欲の秋でした…反省down
美術展や絵画展ゆっくりまわれてよかったですね。
日本画のこの虎は毛の1本1本が細かく表現されていて目が鋭い~。
このかんざしもやんごとなき方々の…ということは
かなりの高貴な位の方の装飾品?
ホンモノの貴金属だからきっと重かったでしょうね。


なるほど水着着て3人洗うのね~
ブルブルされても大丈夫ですねhappy02

投稿: とらのはは | 2013年10月15日 (火) 17時43分

うちも芸術に秋より食欲の秋ですぅ~coldsweats01
ゆっくりと美術館めぐり、素敵ですね♪
日本のものって、本当に繊細で素敵だと思います。私は、ここ何年も(いや、十年以上?)美術館に行ってないような・・・catface
長野も平らのところは少ないですよ!
あっちもこっちも山山山bleah
どっちが森林率が高いでしょうねheart04
3頭のシャンプー、尊敬です!!!
うちはれおんだけでいっぱいいっぱいですcrying
れおん家の3連休は・・・
普通の休日でしたhappy01
〈退院後初めて丸一日買い物に出かけて、足が筋肉痛になってみんなに笑われてしまいました)

投稿: れおんかあちゃん | 2013年10月15日 (火) 18時11分

とらのははさま

ウチも食欲の秋専門(笑)、美術館へ行ったのは
かなり久しぶりのこと。
ほんとにあの虎の屏風はすごかったよ~
説明不足でごめんね、かんざしは一般庶民向けみたい 
材質はそれでも本物!サンゴ、鼈甲、ガラス。
当時はプラスチックなんかないので 当然ではあるけど。
やんごとなき人びとが使うたのかな?と
思うたものは 螺鈿蒔絵細工の文箱や重箱、お盆等の品々があったから。
いずれも超精密な丁寧な
仕事ぶりでした

水着で洗うとすごくラク、とはいえ買うた当初は服の感覚で濡らさんように 
気をつけよったのでした(苦笑)

投稿: monaka | 2013年10月15日 (火) 20時47分

れおんかあちゃんさま

昔の工芸品、とくに大名に献上する品は利益
度外視で作られたそうで 見事なのも頷けます。
久々に目の保養になりましたhappy01
こういうものを見ると ついつい「もしこのなかで
一つ貰えるとしたら、どれにしょう?」という
視点で見てしまうのはワタシだけ?(笑)

長野県は高知よりずっと県の面積も広いし
れおん家の辺りは 広々としてない?

身体の衰えは脚から来るそう。 けどふつう丸一日
買い物で歩きまわったら 誰でも堪えると思うよ
かあちゃん、ファイトpunch

投稿: monaka | 2013年10月15日 (火) 20時56分

こういう展示なら私も行きたいです!
いいなぁvv
虎の屏風は毛描きが凄かったんですねv 江戸時代のだと大きな猫~みたいなユーモラスなのもありますよねぇ。
珊瑚のかんざし、いいですね。帯留めとセットで手に入れたいものです。

娘さん達は仲良くお留守番やったんね? お疲れ様v

投稿: 近江 | 2013年10月16日 (水) 00時41分

近江さま

ほんとに見応えのある興味深い展示でした。11月17日までで 
展示替えがあるのでまた行きたいけど
もう連れていってもらえんろうね。。。(涙)

虎の屏風、感動ものでした。当時は生きた虎を
見る機会がなくて頭蓋骨に毛皮を被せたものを
写生したそう、それでもたいしたものやね!
顔はどっちかというと狛犬っぽいのがご愛嬌。

かんざしや櫛も デザインがモダン、しかも素材は
全て本物のサンゴや鼈甲。これをばらしてピアスや
ブローチにしたら素敵やなぁ、と見てました

留守番中はぐっすり眠れんのか とくにちーむ・秋田は夜 爆睡sleepy

投稿: monaka | 2013年10月16日 (水) 09時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 頑固者 | トップページ | 再会 »