« 麗しのトルコ・カッパドキア篇 4 | トップページ | アポなし突撃訪問! »

2011年10月30日 (日)

麗しのトルコ・イスタンブール篇1 

       ギョレメ最終日、早朝からここでのハイライトの

      < バルーン・フライト >に参加、母とMrs.Tは居残り。

 

      そして、昼過ぎKonyaという街まで移動、そこから寝台車で

       約12時間かけて イスタンブールへ向かう

Dscf2027


気球のフライトは 気流の安定した早朝に

行われます、この日は6時半に迎えの車が

来た。まだ薄暗く 寒い

後ろでは気球を膨らませています

 こうして間近でみると 大きいsign03

Dscf2028


 だんだん夜があけてきた、準備が出来る間

 セルフサービスの 飲み物・クッキーなどで

  身体を温める

ここで思いがけんことが! なんとカメラの

電池切れが写真はこれで おしまい。

不覚・・・予備を持ってくるべきやった

気球のカゴは 定員約18名

長方形のカゴが 3つに区切られて

真ん中がパイロット、その左右が2つに

 仕切られています、初めてなものでどこでも眺めは変わらんろうと思うたけど

  これが大違い 進行方向の前の場所がはるかに眺めがよかった

Cocolog_oekaki_2011_10_30_11_01

    上空は寒いと思い着こんでいったけど 気球用のガスのおかげで

    暖かく寒いことはなかった。 約1時間半のフライト、着地点は

    意外にも気球のカゴを運搬するトラックの荷台、風のせいで

    この日は 予定の地点に着陸できんかったみたい。

Dscf1933_3


    ホテル上空を通過する気球、ワタシたちの気球はホテルの

      向かい側を飛んだ

Dscf1778


移動は だいたいこういう車で。

どのツアーも似た車種なので

ナンバーを覚えちゃかんといかん

これはこの日おろしたての

 ピカピカの新車

 

  Dscf2045

                          Dscf2046


  名残を惜しみつつ Konyaへ向かう

  やく3時間のドライヴ、余裕を見て早く

 出発した方がいいと言われ 午後2時に

 ギョレメを後にした

Dscf1967 Dscf1968


     きれいにペイントされた トラック

Dscf2047 Dscf2056


  そしてまた こういう風景のなかをひた走り・・

 Dscf2049_2 Dscf2050_4


  あまりにも早くKonyaについてもこまるので 休憩をする

  ドライブインみたいなところ、ここへ来る女性(しかもアジア系)は

  大変珍しいらしく 好奇心丸出しの眼差しでじろじろ見られた

  小さい子供がまじまじと見る事があるけど あの感じで大の

  大人がするとなんかおかしい、けど敵意ないので怖いという事は

  なかった。 料理はこれまた大変おいしかったdelicious

   < チキン・ケバブ >とサラダしかなかったけど このチキン

  もう一度 食べてみたい!!母の分まだ完食したほど

                    ↑スパイスが嫌で口をつけず

  Konyaの街へ入ると 運転手さんも不案内のようで道を

  尋ねる事2回、ようやく駅に到着、20:40発の寝台車に乗る。

  飛行機と違い 列車は大きい旅行カバンと共に移動せんといかん

  のでほんとに大変bearing また列車も長いし寝台車は最後尾なので

  ホームを延々と歩き( 発車時間も迫っていた)やっと乗車し

    イスタンブールのハイダルパシャ駅を目指す

 

Dscf2063 Dscf2082


Dscf2065 Dscf2070





   寝台車専属の車掌さんが ベッドを整えてくれる

   部屋には洗面と飲み物(有料)の入った冷蔵庫がある

   寝台車は初めてやったけど意外にも 寝心地はよかった

   大柄な人には 狭いかもしれんけど。気をきかして

    上で寝たら 母に (下は列車の振動がもろにきて)

  「 ぐっすり眠れんかった 」と文句を言われてしまった

    予定より3時間遅れて ようやく到着、

             イスタンブールは冷たい雨でした

                 つづく

 

    

 

 


 



 
   


 

|
|

« 麗しのトルコ・カッパドキア篇 4 | トップページ | アポなし突撃訪問! »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

綺麗な寝台車!長い時間の乗車でも寛げそうやね
そしていよいよイスタンブールかあ
楽しみ!
頭の中に「異邦人」が流れてきたよ(笑)

気球ってスピードはゆっくり進むの?
私は高い所は平気だから乗ってみたいと思うけど、苦手な人には飛行機よりむしろ怖いかもしれないね
気球からのながめは絶景だろうな~

虎毛の子太郎くん、もう成犬のような大きさやね!
秋田犬同士って最初は吠えたりするかもしれないけど、いきなりバトルにはならない気がするんやけど・・・
りきも昨日ご近所の白秋田のこゆきちゃんと初対面しました
数メートルの距離があったせいか、お互いマジマジと見つめあってたわ
成犬の♂同士だとアブナイかもしれないね

投稿: ちゃりん丸 | 2011年10月31日 (月) 10時05分

ちゃりん丸さま

トルコ国鉄 寝台車を順次新型に入れ替えゆうそうで、これは古い型。
けど全然気にならんかったよ。新型はもしかしたら乗れる機会があるかもしれんけど古いのが廃止されたら乗る機会はないわけで 古い型でラッキーと
思いました。
気球は上がるのを下で見ると ゆっくりやけど、乗ると意外と速かったです。けど上空では風を捕まえて移動するので 地上がはっきりスローモーションみたいに見えます。高所恐怖症の人には 無理かも。

ワタシ今まで トラ毛は秋田のなかでは小柄なほうかと思いよったけど
小太郎くんみて認識を改めました、多分40kg近うなりそうな感じ。
けどね、胴体はギンが大きいの!(メタボ体型のギン)
始めは双方 いきなりガウガウしてビックリしたけどね。
そうやね、♂同士もやけど、ギンの性格なら♀同士でも血を見ることに
なるかもしれんweep

投稿: monaka | 2011年10月31日 (月) 19時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 麗しのトルコ・カッパドキア篇 4 | トップページ | アポなし突撃訪問! »