« こんな本、あんな本 | トップページ | 究極の選択? »

2010年5月21日 (金)

不覚でした・・・

      5月も半ば過ぎ、いつもよりrainの日が多いような気がする

       雨が続くと 湿疹のできやすいグリは 要注意danger

      ギンはといえば グリに比べ殆ど問題なし(だった)

      この頃 よう耳を掻いているので ダニーちゃんかノミ

      でもいるか?と触ってみても異常なし。なんで掻くのか

       ?やったけど やはり原因があった 昨日ちょっと

      耳が臭かったので 見ると赤うなって耳ダレもでているsign03

       全然 気がつかんでごめんよ~crying あんなに耳を

      カキ掻きしよったのに 外側ばっかり見て中を見ることは

         思いつきもせんかった 何たる不覚shock

       即 まにスキンウオーターで 拭きとり 薬を塗ってあげた

        ギンは 耳を拭いたり、歯を磨く時は おとなしく

       されるがままなので、こういう時は助かる

      こないだ 耳を拭いた時は←それって どの位前?

       どうも無かったので 油断していた。そういえば秋田犬は

     立ち耳のわりに 耳が蒸れやすいと何かで読んだ気がする

    Imgp0364

    「 まったく  気のきかない飼い主なんだから・・

          迷惑しちゃう  」グリ耳にも湿疹があった

 Imgp0368

   「 あんなに カキカキしよったのに ちっとも気が

        つかんがやも・・・・・ 」

  

    Imgp0379

       今日見たら 赤みも消えて一安心。 毎日見ちゃるきね

   Imgp0380

        ブラシの木の 花が咲きました

           いつもより遅い開花 

      

 

      

 

     

|
|

« こんな本、あんな本 | トップページ | 究極の選択? »

ペット」カテゴリの記事

コメント

えっ、そうなんですか?
うちも立ち耳なんであんまり気にしてなかった・・・
やっぱり分厚い分蒸れやすいのかsweat01
ギンちゃんもグリちゃんも早くに気が付いてもらってよかったねhappy01

投稿: Nayuhaha | 2010年5月21日 (金) 17時26分

まにスキンウォーター、私も使ってます!!
チャチャももも耳掃除は嫌がらないので、一週間に一度は拭いてるけど、さっぱり
きれいになってる実感はなし(>_<)
特にももは毛深くて、なかなか奥の方まで拭けないのよね~
梅雨時には色んなトラブルが出てきそうで憂欝だわね。。。

投稿: ももママ | 2010年5月21日 (金) 17時53分

そうなんよね~立ち耳のくせに蒸れやすい!
大五郎は初め耳からおかしくなったんよ。
とっても臭~いにおいがして、洗浄液で拭くと
茶色いカスみたいなのがいっぱい出てくる!
我が家もこの時期から耳、お腹、内股、そして
足の指の間ナドナド目が離せない~!!

投稿: サコリン | 2010年5月21日 (金) 18時31分

最近湿度高いもんねえ。カールも教えてもらったまにスキンウォーターでこまめに拭くようにしまーす。ダニはむしり取ったら顔が残るってほんとなんかな??
また(みなさん~)取り方教えてください!!
ブラシの木見たまんまの名前で覚えやすくてgoodブラシとして使えるが??

投稿: カールママ | 2010年5月21日 (金) 19時33分

Nayuhahaさま

耳の中は この時季要注意ですdanger立ち耳やのに蒸れやすいのは たしかに厚い毛のせいかも。
八くんも 気をつけて見てやってくださいねdog

ももママさま

まにスキンウォーター 便利ですよね!ギンも毛深いので
耳の入口の毛 カットしようかと思います。そうすれば拭きやすくなる?週に一度は チェックしようと思いつつ 忘れてしまい こんなことになりましたcrying


サコリンさま

そうそう 臭いがして拭くと茶色のモノがでてくるが! が必ず においを嗅いでしまうワタシ。今からの時季 丹念にチェックしちゃらんといかんです


カールママさま

そのダニは たしかマダニやないろうか?それをムリに捕ろうとすると 口だけワンコにくっついたままカラダだけが千切れます。それは山におるらしいで。ピンセットかなんかで捕るんやないろうか?
ブラシの木で洗うてみる?
   

投稿: monaka | 2010年5月21日 (金) 20時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« こんな本、あんな本 | トップページ | 究極の選択? »