« 新年 おめでとうございます | トップページ | 日常生活へ »

2010年1月 3日 (日)

三が日雑感

 

    正月三が日 でかけたのは元旦の一日のみ。二日 三日は家にいたので、

     ブログに書くような ネタもなし。出かけようにも そう行きたいとこもないし、

    いや 砥部(愛媛県、焼き物で有名)へ行き お茶碗を買いたかった。

     何年か前、ここで気にいった お茶碗と出会いずっと使っていたのに

     不注意で去年 割ってしまったのだcrying 細かく割れたので、鋳掛屋さん

     へーいまどき そんなのあるろうか?-持っていっても復元不可能かも。

     未練たらしく、 捨てずにまだ おいてあります。

 Dscn3384

  「そんなの  さっさと捨てたらえいのに」

  「けど、 気にいっちょったがよ・・・」

 Dscn3410

   窓越しに 見つめ合う?娘たち : ギンが散歩に行った間、グリは

   ウチのヒトと 寛いでいたよう

   

  Dscn3411

    暮れに活けた ユリがやっと咲きました

 

 年々 お正月らしさが無くなっていくような気がする。正月三が日といえば

   私が子どもの頃は 人どおりもなく、往来を行き来する車もなく、街は

   ひっそりしていた。子供心に いつもとは違う空気のようなものを

    感じた。殆どの家には 注連飾りがあったしー車の注連飾りは記憶

     にありませ~んー国旗を掲げている家もあった。そういえば、最近

    祝日に 国旗掲げている家 見かけんなぁ。まぁ 昔のことがすべて

    良かったと いうわけではモチロンないけど、元旦からお店 開けたり  

     せんでも えいのでは?と思います。 こんな風に感じるのも トシの  

     せいかも?

 

|
|

« 新年 おめでとうございます | トップページ | 日常生活へ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

あけましておめでとうございます。
元旦の寒い日にお出かけされたのですね。
仰る通り、年々お正月らしさは無くなってますね。
子供の頃は羽子板や凧をあげて遊ぶ姿を
多く見ましたが、今は子供たちも家の中でゲーム
なのでしょうね。
お店も三が日は閉まってたので、たくさんの買い物を年末にしたものです。
年ですよ~モナさーん
若い人は元旦からお店が開いて便利だと思うでしょう。
グリ&ギンちゃん、今年もよろしくね。

投稿: 天のママ | 2010年1月 4日 (月) 14時56分

ほんとだがよ~(何故か移ってしまう土佐弁)
お正月らしさが年々無くなりつつあるだがよ~
年中無休のスーパー、コンビニ。
便利やけど、風情がないよね。
着物姿もあんまり見かけないし、公園で遊ぶ子供達も少ない。
天ママさんの仰るように、こんなん考えるのは
やっぱ、年のせいかな?
昭和が懐かしいわぁ。。。

投稿: サコリン | 2010年1月 4日 (月) 16時09分

全く上に同じです。
昔は元旦に営業している店なんかなかったし
それが当り前だと思って不便も感じなかった。
それなのに今や元日営業は当たり前 (>_<)
従業員の人たちが気の毒に思えますよ~。
それにね、子供の頃、三が日は「四足」(たと
えば豚や牛)は食べてはいけないと言われていた
のです。
それが今やおせちにローストビーフが入ってる!!
なんだか情緒も何もあったもんじゃないですね~

やっぱり私も歳なのかなぁ~(笑)

投稿: ももママ | 2010年1月 4日 (月) 22時08分

天ちゃんのママ様
  ほんとトシですねぇthink確かに若い
  人は 三が日お店が閉まっていたら つまらん
  と思うでしょう。1日は 毎年どこかへ出かけ
  ついでに初詣も 済ませています。凧揚げを
  する子供なんか 絶滅してますね。

サコリン様 
  <ほんとだがよ~>って名古屋弁と違う?
  土佐弁なら<ほんとちや~>でsign01
  次の<無くなりつつ~>は<ないなりゆう>
  と云うがで、以上土佐弁ミニ講座でした。
  年中無休やなくてもえい、元旦くらい休めば?
  と思う トシを感じるワタシです。  
    

投稿: monaka | 2010年1月 4日 (月) 22時21分

ももママ様
  ほんと同感です。三が日お店が閉まって
  いるのは 当たり前のこととして 全然
  不便じゃなかったもんね。
  ところで、「四足」を食べてはいけないという  
  のは不肖このトシで 初めて知りましたcoldsweats01

投稿: monaka | 2010年1月 4日 (月) 22時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新年 おめでとうございます | トップページ | 日常生活へ »